【超簡単】TikTok保存時にIDを入れないダウンロード方法!ダイナミック壁紙とは?

2020年10月4日

Pocket

↑写真左側が通常通りの保存、右側がIDを入れない保存方法です。

 

TikTokって保存するとロゴとIDが大きく表示されますよね?今回はそれを少しでも軽減する方法を写真付きでご紹介します。かなり簡単なので、スマホ操作が苦手な方でもすぐにできると思います。

 

尚、今回はiPhoneでの保存方法ですが、TikTok動画を動く壁紙にするのはAndroidでも可能です。

 

この方法を実践すれば、あなたが保存出来ずに諦めていたあの動画も難なく保存出来ちゃいますよ!それでは早速参りましょう。

 

そもそもどうやって保存するの?


TikTok動画の通常の保存方法は、画面右下あたりにあるシェアボタン(・・・)をタップし、「ダウンロードする」を押すとTikTokのロゴとID付きでカメラロールに保存できます。

 

 

けれどロゴとIDが少し大きくて悪目立ちしますよね。IDを入れないで保存するには、TikTokの「ダイナミック壁紙」という機能を使います。

 

流れとしては、シェアボタンダイナミック壁紙→「Live Photos(動く写真)」ビデオとして保存という感じです。それでは順を追って説明していきます。

 

ダイナミック壁紙とは?


簡単に言うと 、TikTok動画を「Live Photos (動く写真)」に変換する機能のことです。それにより簡単にスマホの壁紙(待ち受け)にすることが可能となります。

 

動画でも壁紙に出来るって凄いですよね。画面を強めに長押しすると壁紙なのに動画が流れます。

 

 

TikTokで#ダイナミック壁紙と検索すると壁紙用の素材動画がたくさん出てくるので、好みの動画があれば保存して壁紙にしてみてはいかがでしょうか?

 

ダイナミック壁紙の手順


まず、シェアボタンを押して右へスクロールすると「ダイナミック壁紙」という項目が出て来ます。そのボタンを押すと変換が始まり、カメラロールに「Live Photos(動く写真)」が保存されます。※「◎LIVE」と書かれた、強く長押しすると動きだす写真のことです。

 

 

一方Androidユーザーの場合は、「TikTokダイナミック壁紙」というAndroid専用アプリを使えば、「ライブ壁紙」として保存することができます。

 

保存した「動く写真」を動画にするには?


 

カメラロールに保存された写真の左下のボタンを押し、下へスクロールします。すると、「ビデオとして保存」という項目が出て来るのでタップします。

 

 

するとカメラロールに動画が保存されるという流れです。(しかも音声有り)  かなり簡単に出来ちゃいますね!

 

ちなみにスマホの壁紙にしたい場合は、「ビデオとして保存」の一つ上にある「壁紙に設定」を押すと簡単に壁紙にすることが出来ます。

 

 

まとめ


いかがだったでしょうか?TikTokで保存したい動画が流れてきた際には、是非この方法を使って見てくださいね。

 

ちなみにTikTok動画内の肉寿司食べ放題はこちらの記事で詳しく紹介しているので、気になった方はご覧ください↓

 

TikTok

Posted by suba