【話題】黒い雲パンの作り方!竹炭入りでデトックス効果も?材料4つの簡単レシピを紹介

2020年10月2日

Pocket

 

焦がしちゃった!?いえ、違います。今回はSNSで話題の雲パンを真っ黒にアレンジした、『雷雲(らいうん)パン』を作ってみました。完全オリジナルです。

 

作り方自体は普通の雲パンに竹炭パウダーを入れるだけなので超簡単です。どうせなら人と違うものを作ってみてもいいかもしれませんね。では早速参りましょう。

 

竹炭パウダーを使ってあの店のパンを再現してみました。興味がある方はご覧ください↓

 

雲パンとは?


そもそも雲パンとは、イースト菌強力粉使わない雲のようにふわふわなパンのことを指します。グルテンフリーなので小麦粉アレルギーの方には特におすすめです。

 

通常パンはイースト菌で長時間発酵させないと膨らみません。しかし、メレンゲを使うことによって、短い時間でふわふわな食感を作り出します。そして材料3つで作れる手軽さとそのインパクトから、SNSで話題となっています。

 

今回は更にアレンジを加え、デトックス効果の見込める竹炭入りの『雷雲パン』を作ってみました。中身はこんな感じ↓

 

作り方


材料


なんとたったの4つだけです!簡単そうですね。

 材料
・卵白×2
・コーンスターチ(片栗粉)10g
・砂糖(てんさい糖)30g
・竹炭パウダー5g  ※Amazonで購入出来ます

 

 

手順


卵白(×2)だけをボウルに入れ、ハンドミキサーで攪拌(かくはん)します。余った黄身はご飯にかけて醤油を垂らして食べましょう。

 

ハンドミキサーは必須ですね。

 

②程よく白くなったら、コーンスターチ10gを加えて混ぜましょう。片栗粉でも代用可能です。

ボウルを傾けると混ぜやすいです。

 

③少しツノが立ってきたら、砂糖(てんさい糖)を半分の15g加えて混ぜます。全体的に混ざったら、残りの砂糖(てんさい糖)15gも加えて攪拌しましょう。2回に分けて混ぜることで、だまりが出来にくくなります。

1回目

2回目

だいぶ混ざってきました。

 

④しっかりとツノが立ってきたら、竹炭パウダー5gを加えましょう。

 

⑤混ぜる前に、オーブンを180度で予熱しておきます。

 

⑥その間にムラがなくなるまで混ぜましょう。仕上げです。

 

⑦混ざりきったら、オーブンの天板の上にクッキングシートを敷いて、その上に丸くなるように乗せていきます。

こんな感じ。なんだか愛らしい。

 

⑧スプーンなどで形を整えたら、余熱が終わったオーブンへ。180度で25分焼きあげます。

いってらっしゃい。

20分後。大きくなってる!あと少し!

 

25分後、焼き上がりました!すごい、とてもパンとは思えない。。

 

中身はどうなってるかな??おお!ふわっふわ!しっかりと焼けたみたいですね。それでは早速盛り付けていきましょう。

 

 

盛り付け


雷雲ということで、やはりはかかせませんよね!バナナを切って盛り付けると、まるで稲光!雷鳴が聞こえてきます。これで『雷雲パン』完成です!簡単過ぎる。パチパチ。

 

 

食べてみた感想


甘くて柔らかくて、少しヌルッとしている?…あ、すみません、雷雲パンの感想ですよね。盛り付けて写真を撮っているうちに少ししぼんでしまいましたが、それでもふわっふわもっちもちの食感です!そして何より、程よい甘さ。癖になりそうです。

 

卵の味も少しするような。どこかで食べたことのあるような懐かしい味がします。パンを食べるより罪悪感無くて良いですね!作ってよかったなぁ。

 

 

まとめ


いかがだったでしょうか。雲パン初心者の方も、超簡単に作れちゃうので是非チャレンジしてみてくださいね。

 

竹炭パウダーを使ってあの店のパンを再現してみました。興味がある方はご覧ください↓